TOP
Welcome
News
info
Q&A
Mail
 
  TOP > ●すずらん通信 > ■過去のニュース
  すずらんつうしん
現在地→ かこのにゅーす
 
 
↑おしてね


2007年


●7月のすずらん通信

 

7月7日(土)は今年度第一回の保育参観です。各クラスの親子製作の内容は次の通りです。

・ひまわり組 あか--「木登りモンキー ヨウイドン!」
・ひまわり組 あお--「三角パラシュート」
・ひまわり組 みどり--「ポヨヨーン!ロケット」
・ちゅうりっぷ組 あか--「とべ!とべ!サル君」
・ちゅうりっぷ組 あお--「そらとぶ鳥さん」
・ちゅうりっぷ組 みどり--「たのしい楽器」
・ちゅうりっぷ組 きいろ--「ぽんぽんヨーヨー」

親子製作の後は懇談会です。
7月16日(月)は「第6回すずらんまつり」です。今回は音楽会です。
すずらん保育園の子ども達の歌、コアラクラブの小学生はハンドベルの演奏
そしてこどもから大人まで楽しめるプロの音楽団「バフファミリー」の公演と盛り沢山です。会場の都合がありますので参加希望者の方は保育園まで電話ください。

 


●6月のすずらん通信

  6月8日(金)は恒例の「おまつりごっこ」でした。
新年度クラス構成にも慣れてきたこの時に「地域のおまつり」に合わせた「おみせやさんごっこ」です。

「ヨーヨーやさん」「とけいやさん」「アメやさん」「おめんやさん」「ひよこやさん」「やきそばやさん」「ぴょんぴょんかえるやさん」と7件の店開きです。

ひまわり組Aさん(来春小学校へ上がる子)の23人が売りやさんです。
一歳半から二歳のちゅうりっぷ組きいろさんが一番客です。それぞれが7枚のチケットを持って買いに行きました。
「いらっしゃい、いらっしゃい」の声が飛び交うなか、おめんやさんのY君の一言
「このおめんかったら、いいことありますよ」には、まいりました。

 


●5月のすずらん通信

  5月16日(水)は今年初めての園外保育でした。
長い冬が終わり、心待ちにしていた新緑の季節です。行き先は「知事公館」ですが、この時期えぞ山桜が満開。
ちゅうりっぷが咲き、ライラック、つつじの蕾がふくらみ木々の新芽とあわせて第一回にふさわしいところでした。
初めて「園外保育」に参加するお子さんもいましたが好天にも恵まれて楽しんできました。
歩いていける所に安心して遊べる公園があるのはうれしいことです。

 


●4月のすずらん通信

  4月から第二大通すずらん保育園(たんぽぽ組)が開園しました。住所は南1条西13丁目ですから、すぐ近くです。
19年度から定員180名、保育スタッフ53名です。

砂遊び、水遊びも出来るスペースがあります。全体は大きくなりましたが、各クラスの定員は従来通りで、より一層の保育レベルアップに取り組んでいきますのでご安心下さい。

 



●3月のすずらん通信

  3月10日(土)は卒園式でした。
18年度の卒園児は21名で、6年間通った子ども達が多いので一人、一人の思い出は尽きません。

小学校という場で元気一杯で活躍してくれることでしょう。希望に満ちた船出に大きな拍手を送ります。

 



●2月のすずらん通信

  2月3日(土)は18年度第2回保育参観と懇談会でした。各クラスの親子制作は次の通りです。

ひまわり組 あか --「てつぼうサルくん」

ひまわり組 あお --「スリーけんだま」

ひまわり組 みどり--「いのししこま」

ちゅうりっぷ組あか--「ポンポンくじらさん」

ちゅうりっぷ組あお--「くるくることりさん」

親子で一緒に作り、そのおもちゃで遊ぶ。楽しいひと時でした。
制作の様子の写真をプレゼントしていますが、20年後に価値の出る写真だと思います。

 



●1月のすずらん通信

  1月4日(木)お天気は晴れ

年明けの保育はいつもより少ない人数でしたが、無事スタートしました。お年玉をもらった事、温泉に行った事、もちを食べた事等、楽しい事がたくさんあったようです。「ニコニコしている子ども達」このイメージを大事にして今年も保育に取り組んでいきます。

又、今日から年長さんは小学校入学の準備として「お昼寝なし」です。約2時間ですが、1時間は学習、1時間は遊びの時間です。2時間かけてのお菓子作りや見学もあります。

みんなも楽しみにしていますから張り切っていきますのでよろしくお願いします。

 



2006年

●12月のすずらん通信

  村上龍作「盾 shield」幻冬舎出版を紹介します。

コジマとキジマという二人の仲良し少年がふしぎな老人に出会います。その老人が二人に言います。

「これはアボガドという南のほうの果物だ。味はまぐろのトロに似ているのでしょうゆとわさびをつけて食うとうまい。中心にはたねがある。そのたねは食べられないがこのアボガドという植物にとってはとてもたいせつだ。人間にも、からだの中心にとてもたいせつなものがある。それは、心と呼ばれたり、精神と呼ばれたりする----」

そして、このたいせつなものを守るためには「盾 シールド」が必要だと言います。
物語はコジマ少年とキジマ少年が「盾」を意識しながら歩んでいく人生物語です。小学校高学年以上から大人まで、お正月に是非読んで下さい。

 



●11月のすずらん通信

  12月3日(日)は恒例のクリスマス発表会です。各クラスの練習にも力が入ってきました。そして、先生方は昼休みを利用しての衣装作りの毎日です。

さて、今年の劇は「のんびりサンタさん」です。大勢で取り組む劇ですから、セリフが一つのお子さんもいますが、練習していく内に全体のことがわかるようになり、最後には全部のセリフを覚えています。

この『全部覚える』ことがとても大切です。子供たちも張り切っていますから、楽しみにして下さい。

 



●10月のすずらん通信

  10月4日(水)は落ち葉ひろい遠足で円山公園に行ってきました。
紅葉には一寸早いのですが、外でお弁当を食べたり、どんぐりを拾ったりするのにはこの時期が丁度良いようです。今年もどんぐりはたくさん落ちていました。後から来る保育園、幼稚園のお友達そして円山公園のリスさんのことを考えて「一人20ヶ」にして拾いはじめました。
10ヶ位拾って友達と遊び始める子、1ヶ1ヶゆっくりと拾っている子といろいろです。

S君はもくもくと拾っています。100ヶは軽く超えていました。「リスさんはどんぐりが大好きなんだよ。無くなったらかわいそうだね」と話しかけました。
『リスなんかいないよ』
「円山公園はお山に続いているから、リスさんはたくさんいるよ。この木の上にもいるかな」
木を見上げながらしばらく考えていたS君は自分で袋から8ヶ位取り出して地面にもどしました。
目の前にたくさん落ちていたら一生懸命拾いたくなる気持ちもわかります。

自分からリスさんに返したS君、学習した事があったようです。
 



●9月のすずらん通信

  9月3日(日)は第30回の運動会でした。お天気の方は「運動会日和」でスタートしたのですが、競技が残り3種目の頃から急に雨雲になりポツポツと降り出したのには困りました。
職員に登山の専門家がいるので相談しますと、「通り雨のようで大丈夫」という事なので続けることにしました。
終了後に雨脚が一時強くなりはしたのですが、思いのほか早く止んだので、お弁当も食べて帰ることが出来ました。
無事、終了したのですが、やはり、秋の空でしたね。
ポツポツと降る中、ひまわり組あかさんのゆうぎ「お祭り」はりっぱでした。
「最後まで」という気持ちがそれぞれにあったのだと思います。
大きな行事を経験すると子供たちは一回り大きくなります。今回のポツポツ雨はハードルを一段高くしたようですが、子供たちはみごとにのり越えました。
 



●8月のすずらん通信

  8月2日(水)学童保育所コアラクラブの恒例行事で「もいわ山登山」に行ってきました。
参加者は1年生から6年生で18名と引率者4名の総勢22名です。

9:15 - 地下鉄西11丁目出発
10:05 - 円山公園駅からバス
10:35 - 慈啓会病院登山口から登山開始
12:10 - 頂上到着  昼食後
13:10 - 下山開始
14:40 - バス出発
15:10 - コアラ到着

へび、かなへび、クワガタムシ、めずらしい鳥その他いろいろとの出会い
下山はスキー場側から降りたのですが、みごとな眺望に「これは登った人への、ごほ うびだね」と小5の男子の一言が印象的でした。
近場ですが一日がかりで楽しんできました。
 



●7月のすずらん通信

  7月1日は今年度第1回の保育参観でした。各クラスの親子制作は次のとおりです。

ひまわり組 あか--「楽しいさかなつり」
ひまわり組 あお-「くるくるカエルロケット」
ひまわり組 みどり--「とべとべロケット」
ちゅうりっぷ組 あか-「おさるキャッチャー」
ちゅうりっぷ組 あお-「それゆけ UFO」

ニコニコ顔での親子制作の様子は、みているこちらも楽しくなります。じっくりと構えている親子、どんどんと進めていく親子、それぞれの個性ですね。楽しい一日でした。

スナップ写真は記念にプレゼントしています。
 



●5月のすずらん通信

  5月17日(水)今年度第1回の園外保育で「知事公館」へ行ってきました。
初夏を思わせる位の好天に恵まれ、子ども達と楽しい時間を過ごしてきました。
「えぞやまざくら」と「梨の花」が満開でした。歩いて行ける所にこんなにすばらしい庭があり、又自由に遊べるのには感謝しています。
休日に、お弁当を持ってのんびり過ごすのも良いものです。
子供たちの社会体験のためにも「歩き」「バス」「電車」「地下鉄」をお薦めします。
 



●4月のすずらん通信

  18年度の4月も半ばを過ぎ、各クラスに落ち着きがみられるようになりました。新入 園児がニコニコしておやつを食べているのをみるとほっとします。
こども達も新しい 環境に慣れるのに一生懸命でした。それぞれがひとつの山を越えました。ひとまわり 大きくなったようです。
4月は出会いの月です。こども達にとって楽しい出会いにな るように頑張っていきます。
 



●3月のすずらん通信

  3月11日(土)は、平成17年度の卒園式でした。
今年度の年長さんは、転勤等が重なり7名と、例年にない少なさでした。お別れは寂しいのですが、小学校という舞台に元気一杯で踏み出してください。皆さんの今後のご活躍をお祈りしています。

5〜6年と長いお付き合いでした。ヨチヨチ歩きで参加した親子遠足、楽しかった運動会、そして年長さんになって、自分の役割をしっかりとやりとげた発表会での劇「おいしい森のレストラン」は印象的でした。
 



●2月のすずらん通信

  2月4日は親子製作と懇談会でした。
製作の内容は

ひまわり組
あか---はつけよい 紙ずもう
あお---くるくるこぷたー
みどり-うさぎさんキャッチ

ちゅうりっぷ組
あか---とべとべロケット
あお---ワンワンこま

製作中の表情は真剣そのものでしたが、出来上がったときはニコニコでした。
親子での楽しいひとときになったと思います。

懇談会では「家庭教育-7」の説明で、最終回になりました。しつけの大切さをこれからも一緒に学んでいきます。
「良いこと」「いけないこと」をしっかりと教えてあげたほうが、子供も自由になれると言われています。子供たちの健やかな成長を願って頑張りましょう。
 



●1月のすずらん通信

  2006年もスタートしました。1月4日から通常保育を受けていますが、子どもたちの話には「おじいちゃんの事、おばあちゃんの事、お年玉の事」といろいろでした。
ニコニコ顔がひとまわり大きくなったようです。
暗いニュースが多かった昨年を乗り越えて、明るく希望に満ちた年になってほしいと願っています。そのためには私たち大人の役割がより一層重要になります。
今年は子どもたちのために、元気を出して一歩踏み出しましょう。
 



2005年

●12月のすずらん通信

  発表会(12月4日)も無事、終わりましたが、一年が過ぎていく「時の流れ」の速さに驚いています。
そんな月日の流れは子どもたちのためにあるようです。
子ども達は一日、一日成長していきます。
昨年、舞台の上で泣いていたお子さんも今年は元気一杯で踊っていました。
「おいしい森のレストラン」の劇の中では、年長さんはりっぱに自分の役割を果たしていました。せりふも立派でした。
成長していく子どもたちをみているのは本当に楽しいものです。
今年も残り少なくなりましたが、事故の無いよう、そして楽しい毎日になるよう頑張っていきます。
 



●11月のすずらん通信

  12月4日はクリスマス発表会です。各クラスのおゆうぎも決まり、練習に入ってい るこの頃です。
たんぽぽ組(0才〜1才)のおゆうぎは「たんぽぽの宇宙船」です。 どんな宇宙船なのか楽しみですね。また、ひまわり組の今年の劇は「おいしい森のレストラン」で、衣装の準備もだいぶ出来たようです。年長さんの目標は「自分の役割 を理解して表現する」です。うた、ゆうぎ、楽器演奏、劇、と盛り沢山ですが、楽しみながら取り組んでいきます。
 



●10月のすずらん通信

  10月5日(水)は落ち葉ひろい遠足で円山公園に行ってきました。まだ、紅葉には早いのですが、「外でのおべんとう」のことを考えますと、この時期かなと思います。
どんぐりがたくさん落ちていましたので、子どもたちは夢中になって拾っていました。
「他の園の子どもたちの分とリスさんの分を残して」ということで、どんぐり拾いを切り上げ、池の周りを散策してから「おべんとう時間」にしました。
おべんとうを食べている時の子どもたちはみんなニコニコです。好天にも恵まれ、楽しい一日でした。
 



●9月のすずらん通信

  9月4日(日)第29回運動会が無事終わりました。心配されたお天気ですが、丁度良いお天気で良かったです。今年は円山公園自由広場での開催となりましたが、子どもたちの元気な声が円山の森に響いていました。

ちゅうりっぷ組とたんぽぽ組のおゆうぎ「お花とにっこりこんにちは」・ひまわり組あおさん、みどりさんの「まっかなおひさま」は、かわいかったですね。そして、ひまわり組あかさんの「桃太郎おどり」は見ごたえがありました。こどもたち一人一人にとって思い出深い運動会になったと思います。しばらくは運動会ごっこで楽しんでいきます。
 



●8月のすずらん通信

  9月4日(日)は運動会です。毎年、札幌市より桑園公園を借りていたのですが、今年は円山公園自由広場になりました。理由は桑園公園隣接地に「遺跡がある」ということで8月末から発掘調査に入るためです。

代替地の自由広場は円山の木立に囲まれた落ち着いた場所です。暑い中でも元気一杯で練習をしていますので当日の「快晴」を願っています。

尚、例年のことですが、雨天の時は「小学校の体育館」を借りまして延期はしない方針です。これは日・祝日勤務の方が多いので延期をすると参加できない人が出てくるからです。
子どもたちは大きな行事を経験しますとひとまわり大きくなります。
どうぞ、ご家族皆様で参加され、子どもたちを大きな拍手で励まして下さい。
 



●7月のすずらん通信

  7月2日(土)は、今年度第1回の保育参観でした。ひまわり組、ちゅうりっぷ組では歌の発表の後、親子制作に取り組みました。

・ひまわり組 あか − 「ふうせんキャッチャー」
・ひまわり組 あお − 「くるくるゴマ」
・ひまわり組 みどり − 「すいすいガエル」
・ちゅうりっぷ組 あか − 「びっくりうさぎ」
・ちゅうりっぷ組 あお − 「走れ ザリガニくん」

題名を聞くだけでも、楽しくなりますね。お父さん、お母さん方も、「ここは力の見せどころ」と張り切っていました。製作の後は懇談会でした。

7月17日(日)は恒例の「すずらんまつり」です。NPO法人札幌ベビールームのPRと親睦のために毎年開いているものです。今年は「音楽会」で、各クラスの歌、ダンス、の発表とプロの方の「ピアノとコントラバスの調べ」です。是非、お出かけ下さい。

・日 時  7月17日(日)10:00〜11:30
・会 場  北海道教育会館7F(ホテルユニオンと同じ建物です)
中央区南3条西12丁目  Tel561-8759

 



●6月のすずらん通信

  6月12日(日)は恒例の親子遠足です。毎年、円山公園へ行っているのですが先日下見に行った時は「ワシ」を外に出して餌付けの様子を見せていました。
又、子ども動物園にはポニーもしましたし、動物ふれあいコーナーが立派な建物の中にできていました。

最近、動物園の事が話題になることが多くなりました。魅力ある動物園があることは、子どもの文化度を高めると思います。そのためにも大人も子どもも動物園へもっと行きましょう。
先ずは12日の親子遠足ですね。好天になることを願ってます。
 



●4月のすずらん通信

  4月1日の新入園児歓迎及び進級お祝いの会も終わり、クラスの様子も大分落ち着いてきました。
子ども達には無限の可能性があります。この可能性を持った一人一人をしっかりとした受入れ体制で保育していくのが私たちの役割です。4月2日の新年度の全体ミーティングの中で紹介したことを記します。
「ブランド構築の要は他との比較ではなく基本を大切にすることである」
ブルガリジャパン鳥羽秀子

来年は30周年を迎えるNPO法人札幌ベビールームですが、長く保育に関わってきた者として、原点に帰っての保育を追求していきます。
笑い声が聞こえてくる保育を大切にして、平成17年度の保育もスタートしました。

 



●2月のすずらん通信

 

2月5日(土)は保育参観です。午後3時30分から4時30分までが親子制作、4時35分からは全クラス懇談会です。
今年の親子制作は
ひまわり組 あか・・・・・・・ポンポンペンギン
ひまわり組 あお・・・・・・・・ペンギンけん玉
ひまわり組 みどり・・・・・とべとべ雪だるま
ちゅうりっぷ組 あか・・・・とんでけロケット
ちゅうりっぷ組 あお・・・おさんぽネコちゃん
たんぽぽ組さんは懇談会のみ出席です。
今年最後の保育参観です。お忙しいとは思いますが子供達も楽しみにしていますから是非参加して下さい。出席して喜んでくれるのは今のうちですよ。

 



●1月のすずらん通信

 

あけましておめでとうございます。
2005年がスタートしました。6年前ミルクを飲んでいた子供達が春には小学一年生です。早いですね。
6歳になると食べることもしゃべることも一人前です。ハイハイ、歩き、そして走ると6年間の成長には目を見張るものがあります。
そして、それに比べて私達大人はどうかなと新年にあたり考えてみました。「子育て」は「親育ち」とも言われています。
子供達と一緒に成長するの気持ちをもってスタートしましょう。
皆様のご多幸をお祈りしています。

 



2004年

●12月のすずらん通信

 

先日、東京都世田谷区にある「プレーパーク(冒険遊び場)」を見学してきました。
モットーは「自己責任で自由に遊ぶ」で、プレーパークには禁止事項が一切設けられていません。ときには大人がみたら眉をひそめるような遊びも含めて、子供たちは試行錯誤を繰り返す。けれどもそうした遊びを通じた小さな怪我は子供たちの健全な育成には欠かせないという考え方です。
ターザンごっこをしていたり、大工道具を自由にだして工作をしたり、びっくりしたのは「焚き火」を自由にしているのです。
「プレーリーダー」と呼ばれる大人が子供たちの相談相手として常駐して見守っています。
運営は元々ボランティアでしたが、今は補助金を受けている所もあり、足りない分はバザー、寄付などの民間の力で進めています。
全国に約180箇所あるそうですが、残念ながら北海道にはありません。
北海道は自然の豊かさに頼りすぎているのかもしれませんね。
「子供の目線での遊び場」を考えてみたいと思いました。

 



●11月のすずらん通信

 

10月10日(日)の「すずらんまつり」は職員もいれますと300名の参加で盛況のうちに終了しました。
秋の日の一日、お茶を飲みながら子供達の絵画制作の鑑賞をという事で準備しましたが、皆さんに喜んでいただいてよかったです。ありがとうございました。
バザー収益金16,4931円はNPO法人札幌ベビールームに寄付しました。
さて、12月5日(日)は恒例のクリスマス発表会です。
今年の劇は「おおかみと七匹のこやぎ」です。
練習にも少しずつ力が入ってきました。どうぞお楽しみに!

 



●10月のすずらん通信

 

10月10日(日)は恒例の「すずらんまつり」です。
NPO法人のPRと会員相互の親睦を深めるために年1回開いています。
今年度は「子どもたちの絵画制作展と食堂バザー」です。
春から絵画制作に特に力を入れ、制作の機会を増やすとともに様々な制作技法も体験してきました。
この取り組みは子どもたちの感性に大いにプラスになっていることを確信しています。
同時に絵画制作に対する職員のレベルアップにもなりました。
簡単な食堂バザーも用意しましたので、秋の日の一日、お茶を飲みながら、ご鑑賞いただければ幸いです。

この機会にNPO法人札幌ベビールームの創立趣旨書の一部を抜粋します。
「保育を必要とする父母の皆さんがいかなる勤務時間であろうとも安心して預けることができ、同時にそこで過ごす子ども達が心身共に健やかに育成されることを願って保育事業を進めていきます。」

 



●7月のすずらん通信

 

7月3日(土)は今年度第1回の保育参観で、親子で楽しみながらの「おもちゃ作り」でした。

ひまわり組
あか・・・・・「こうもりさん ヨーヨー」
あお・・・・・「もしもしペンギンさん」
みどり・・・・「なかよし ねこさんねずみさん」

ちゅうりっぷ組
あか・・「おさるさんのいちごがり」
あお・・「ふうせん かえるさん」

たんぽぽ組さんは日頃の様子をお話しながらの遊びと懇談でした。
出来映えの良さに子どもたちも満足だったようです。
子育ては20才までの責任と言われています。
どうぞ、ひとつひとつの出来事を楽しみながら長い目で関わって下さい。

 



●4月のすずらん通信

 

ホームページが新しくなりました。コアラクラブの移転もあり、又ひまわり組が1クラス増えて3クラスになりましたのでこれを機会に新たなる出発にしていきます。
さて、4月は出会いの月です。3月に21名卒園しましたが、4月から新入園児18名が入園してきました。
1つ上のクラスに進級したお子さんもいます。
担任のクラス替えもありました。
新しい出会いが子供たち保護者の皆さん、そして私たちにとりまして思い出深いものになることを願っています。

 



●2月のすずらん通信

 

2月7日(土)は今年度2回目の保育参観です。歌の発表の後、各クラス毎の「親子制作」があります。
ひまわり組A.Bさんは「ぶんぶんごま」
ひまわり組C.Dさんは「ニョロニョロへび」
ちゅうりっぷ組Aさんは「かめさんのふりふりダンス」
ちゅうりっぷ組Bさんは「ジャンプペンギン」を、作ります。
たんぽぽ組さんはクラス懇談としてお子さんの様子を伝えながらの情報交換の時間とします。
子供たちも楽しみにしていますから「仕事が忙しくて・・」と思わずに「子供と過ごせる特別な時間」と思って出席して下さい。保育参観に出席の方には記念写真のプレゼントがあります。

 



●1月のすずらん通信

 

あけましておめでとうございます。
雪の少ないおだやかなお正月ですが、世の中の方はデフレ不況の問題。イラクの問題、子供を取り巻く犯罪の多発となかなかに難しい時代です。こんな時代だからこそ大人の責任として子供達をしっかり守って
いきましょう。そして子供たちの笑顔あふれる社会にしたいものです。そのための一歩はお正月休みに「遊ぶ時間を増やす事」ですね。
絵本を読んでいると「もう一回」と何回もいうことがあります。どうぞ、気の済むまで読んであげて下さい。今が子育ての大事な時期ですから。
皆様にとりましても幸多き年になりますようにお祈りしています。

 


2003年


●12月のすずらん通信

 

10月の半ば、札幌の街にも「ゆきむし」が飛び交う季節の頃の話しです。4歳児のTちゃんの朝の一言
「ゆきのにおいがするね」--------いいですね。
感性はその子が生まれつき持っているものと育てられるものがあるように思います。
Tちゃんは天気の良い時には大通を歩いて通園しています。一寸した運動になる位歩いています。
歩いていると見えるもの、感じるものがあるように思います。
今年は雪の便りが遅いようです。手をつないでもっともっと歩きましょう。

 



●11月のすずらん通信

 

学童保育所の指導者研修会に出席した職員からの報告です。
講師の先生は北海道教育大学の圧井教授で、「揺れる子供の心を聴く」という題で話されました。その一部を紹介します。
「甘やかすのではなく甘えさせてあげる」について
・子供の欲求を満たしてあげようと何でも与えたり、許したりするのではなく、本当に子供が助けを求めている時に側にいてあげて、その子供の気持ちを全身で受け止める事が大切です。
子育て真っ最中の皆さん、どうぞ子育てを楽しんで下さい。子育てに悩んだときは「親にしてもらったようにする」のも一つの方法です。

 



●10月のすずらん通信

 

9月7日(日)の運動会は好天にも恵まれ、叉、年長さんの父母の皆さんの御協力もあり、「楽しい!楽しい!運動会」ができて喜んでいます。
転んでも最後までがんばりますの「おやくそく」でスタートしましたが、かけっこ、親子競技、つなひき、玉入れ、そして応援合戦等元気一杯の運動会でした。大きな行事を経験すると、子供達は一回り大きくなります。その成果を楽しみに10月の保育にはいっていきます。
10月は円山登山、大根抜き、落ち葉拾い遠足とお楽しみ行事が並んでいます。
お天気もみながら、残り少ない秋を楽しんでいきます。

 



●9月のすずらん通信

 

9月7日(日)は「楽しい、楽しい運動会」です。今のところの天気予報では『晴れ』です。会場は桑園公園。万が一雨の時は大通小学校の体育館になります。
父母の皆さんの中には日・祝日勤務の方も多いので延期が出来ないため、両方用意しています。
これも子育て支援の一つとおもってます。
暑い中、外で練習してきましたから、今の天気が続く事を願っています。子供達は大きな行事を経験すると、ひと回り大きくなりますから、その成長を楽しみにしてこれからの保育に取り組んでいきます。

 



●8月のすずらん通信

 

先日、駐車場(大通13丁目)の近くで「子すずめ」がカラスに襲われている場面に出会いました。
まだ大人になっていない「すずめ」ですから、しっかり飛べません。
その「子すずめ」に2羽のカラスが襲いかかっているのです。よく見ると、そのカラスに「親すずめ」が立ち向かっていました。その抵抗のすごさは「みごとな親鳥」でした。カラスも「親すずめ」に邪魔されて思うように「子すずめ」を捕まえられないようでした。
その後の事を心配していましたら、翌日駐車場の側で「子すずめ」がチュンチュン鳴
いていました。
昨日の「子すずめ」だと良いのですが。「子すずめ」を守ろうと必死で抵抗していた「親すずめ」の姿を思いだしていました。

 



●7月のすずらん通信

  7月5日は今年第一回の保育参観でした。身近にある素材を活用して親子で楽しみながらの「おもちゃ作り」です。 
(主な素材)
ひまわり組さん・・・・「わにさんケン玉」・・・・ペットボトル
ちゅうりっぷ組Aさん・・・「とべ!とべ!せみさん」・・・牛乳パック
ちゅうりっぷ組Bさん・・・「くるくるロケット」・・・紙コップ、ストロー
たんぽぽ組(0〜1才半)さんは子育て相談でした。
親子で真剣に取り組むおもちゃ作りはなかなか良いものです。出来映えの良さに子供達も満足していました。
お父さん、おかあさん、今の時期の子育てをどうぞ楽しんで下さい。
 



●6月のすずらん通信

  6月22日(日)は「すずらんまつり」です。NPO法人札幌ベビールームのことを知ってもらおうと、年一回、開いているものです。
昨年は「バザー」でしたが、今年は人形劇団を呼びまして、皆さんに楽しんでもらおうと準備を進めています。ひまわり組の歌とコアラクラブの合奏もあります。
是非、お出かけ下さい。

・日時:6月22日(日)午前10時〜12時
・会場:教育会館 7階
     南3西12 ホテルユニオン内
・Tel:561-8759
・無料です
 



●5月のすずらん通信

  15年度もスタートして一ヵ月がすぎました。園の前にある「かっこうの森」の桜も散って、大通公園は新緑の季節へと進んでいます。
さて(4月19日)の懇談会では「基本生活週間の大切さ」についてお話をしました。
これは「学力低下を克服する本」(文芸春秋)の中で陰山英男先生が「早寝早起き」「朝食を必ずとり」「朝の排便の習慣化」の大切さを強調されていたからです。
24時間体制で働く社会の中で仕事をされている方には中々大変とはおもいますが、小学校入学に合わせての準備は必要と思われます。
 



●4月のすずらん通信

  4月は出会いの月です。3月に11名卒園しましたが、4月から新入園児10名が入園してきました。1つ上のクラスに進級したお子さんもいます。又、担任のクラス替えもありました。新しい出会いが子供達、保護者の皆さん、そして私達にとりまして思い出深いものになることを願ってます。15年度は職員の一員に「栄養士」を迎え、より一層充実した形でスタートできました事を御報告いたします。  



●3月のすずらん通信

  3月15日(土)は卒園式です。今年の卒園児は11名です。この時期歌われる
「思い出のアルバム」の歌詞に「思い出一杯ありがとう」という一節があります。
歌詞どおりで5年間、6年間と通った子供達が多いだけに感慨もひとしおです。
1月、2月と「お昼寝をしない生活のリズム」を作りながら、就学前指導を進めてきましたが、残すところ1ヵ月、子供達と楽しい時間を過ごしていきたいと思います。
 



●2月のすずらん通信

  2月8日(土)は、今年度2回目の保育参観です。歌の発表の後、各クラス毎の「親子制作」があります。
ひまわり組A.Bさんは「パンダごま」 C.Dさんは「とべとべ!!えんばん」 ちゅうりっぷAさんは「そらとぶ!!うさぎ」 ちゅうりっぷBさんは「ふうせんパンダ」を作ります。
子供達も楽しみにしていますから、「仕事が忙しくて」と思わないで、「子どもと過ごせる特別な時間」と思って出席して下さい。
 



●1月のすずらん通信

  あけましておめでとうごさいます。新園舎では2回目のお正月になりますから今年は余裕をもって迎える事ができました。室温の管理を含め、使い勝手にもすっかり慣れましたし、又2階3階 に「オートロック解除できる装置」も取り付けたので便利になりました。
 冬の遊び場としては「かっこうの森」が中心になりますが、「知事公館」や「9丁目広場」も通える範囲です。
 毎日が「楽しい一日」になるよう、しっかりと準備をして、1月,2月,3月のまとめの時期に入っていきます。
 



2002年

●12月のすずらん通信

  「天才スポーツ選手は親がつくる」一寸びっくりするようなタイトルですが、10月号、文芸春秋の吉井妙子さんの記事です。野球のイチロー、松坂、ゴルフの丸山、スケートの清水、相撲の武双山、スキーの里谷、サッカーの川口選手の事が書かれていましたが、共通していることは、それぞれの競技習得のために「親が子どもと共に喜んで歩んだ」ということです。一部紹介します。
<勝負の時にもっとも大事なのは、ここ一番での力を発揮できる精神の強さだ。「父から教えられた、既存の概念をひっくりかえす喜びが僕を支えている」と語る清水やいざという時には父親が守ってくれるという安心感があった。」という里谷。「家族の献身を思えば、どんなに辛くてもサッカーを辞めたいなどとは思わなかった」という川口の言葉からわかる通り、親が子どもにどのくらい時間と愛情を注いだかで、子どもの精神力の強さが左右されるように思う。>
子育て中の皆さん、どうぞ時間をかけて、そして楽しんで下さい。
 



●9月のすずらん通信

  暑い夏を楽しまないうちに「秋風」が吹きはじめてしまいました。
そういう面では、一寸寂しい夏でしたね。 でも今年、始めて夏を迎えた0歳児のお子さんは過ごしやすかったのではないでしょうか。
さて、先日「ニューズウイークリー 新・0歳からの教育」を読んでみました。 その中に0〜3歳の子どもをもつアメリカのパパとママへの 世論調査がのっていました。 「育児の目標」というアンケートにたいして
・子どもを道徳心のある人間に育てる事(43%)
・子どもに幸せな人生をおくらせる事(38%)
・勉強の出来る子に育てる事(14%)

日本の場合はどうなるのかなと考えさせられました。
 



●8月のすずらん通信

    8月に入り夏休みの計画もだいぶ具体的になっていることと思います。
一年、一年、大切な子育ての時期ですから、どうぞ楽しんで下さい。
出かける時に限って熱を出したりするものです。無理のない計画が良いでしょう。お仕事の関係で遠出はなかなかという方は「近くの公園へ手をつないで歩いて行き、ボール遊びや水遊びを楽しんだ後コンビニでアイスを買ってきて、木陰で一緒に食べる」というのはどうでしょう?
この時のポイントは子供たちにとっても大切な休日ですから、「のんびりと」「急がせない」が大事です。
親子で十分に満足できるとおもいます。
 



●7月のすずらん通信

    ワールドカップを一ヵ月楽しみました。各国のスター選手のプレーの1つ1つ、そして日本代表の活躍と、本当にすばらしい一ヵ月でした。
この影響で子供達のサッカー熱は高まるでしょう。サッカースクールに通う子供達も増えそうです。スポーツは心身を鍛えるのに適していますから喜ばしい現象なのでしょうが、先日読んだ本の一節を思い出しました。「男の子ってどうしてこうなの?」スティーブ・ビダルフ著の中から、「不幸なことに、スポーツは悪いほうにかわりつつある。ある種のスポーツの文化は攻撃性、利己主義、性的粗暴さ、大酒を飲んでばか騒ぎと
いった好ましくない性質を助長している。そして、『どんなことをしてでも勝つ』ということがスポーツマンシップやゲームそのものの楽しみにとってかわりつつある。」
時間はありますから、園で、又、家族でスポーツを楽しみながらじっくりと考えていきましょう。
 



●6月のすずらん通信

    6月はお楽しみ行事「円山動物園への親子えんそく」があります。今までは第2日曜日でしたが今年はワールドカップの関係で代3日曜日になりました。
「よさこいソーランまつり」も日程変更になったようですがワールドカップの影響がいろんな所に出ているのですね。
6月は世界中がワールドカップの話題で持ちきりです。
ボール1つあれば、みんなが楽しめる事で広がったのでしょう。
私もサッカーファンとして、楽しみにしています。
 



●5月のすずらん通信

    14年度もスタートして、1ヵ月が過ぎました。新入園児も進級児童もクラスの雰囲気に慣れ、毎日元気な声が聞こえてきます。連休明けには一段と賑やかになることでしょう。
さて、先日(4月20日)の懇談会で、テレビをみる時間と小学校での授業時間について紹介しました。
毎日2時間テレビをみる時間と年間730時間になります。
これに対して、小学校での授業時間は運動会、発表会の練習時間も含めて年間700時間だそうです。子供達への影響力の事を考えると、考えさせられます。
幼児の内から、テレビをみる時間を「しつけ」として決めるのもひとつでしょう。
又、この時期はご家族の方もテレビをみる時間を我慢する事も必要なようです。
 



●4月のすずらん通信

    4月は出会いの月です。
3月に9名卒園しましたが、4月から新入園児6名が入園しました。
1つ上のクラスに進級したお子さんもいます。
又、担任の先生のクラス替えもありました。新しい出会いが子供達、保護者の皆さん、そして 私達にとりまして、思い出深いものになることを願っています。
玄関前のチューリップ」の芽が一日一日と伸びてきました。
春ですよ。薄手のジャンパーに着替えて「かっこうの森」に出かけましょう。
 



●2月のすずらん通信

    1月10日(木)にはコアラクラブとひまわり組A(年長さん)合同で人形劇観賞で「こぐま座」にいってきました。
交通機関は地下鉄と市電を利用したのですが市電は珍しいようで大喜びでした。
どこにいくにも「車が便利」という時代ですがバス、地下鉄で出かける方が子供にとっては有意義です。
公共のマナーを教える実地体験にもなりますし、待ち時間は「親子の楽しいお話タイム」になります。今年は「バス、地下鉄、電車を使ってお出かけ」を是非実行してみて下さい。
地下鉄で札幌駅まで行って、電車で小樽へ〜はちょとした旅行者気分になれますよ。
 



●1月のすずらん通信

    あけましておめでとうございます。
2002年、新園舎で迎えるお正月は格別です。
元朝参りに出かけた時、金魚のえさやりに立ち寄ってみたのですが、保育室は静寂そのものです。
4日の休み明けには元気な声が聞こえることでしょう。
それまでの間、保育室全体が静かに、静かに力を蓄えている気がします。
私達保育者も、子供たちのエネルギーに負けないパワーを出すために、静かに静かに力を蓄えておきます。
 



2001年

●12月のすずらん通信

    お楽しみがたくさんある12月にはいりました。
9(日)は大通すずらん保育園の発表会です。
15日(土)は学童保育所コアラクラブのクリスマスお楽しみ会、21日(金)は保育園のクリスマスお楽しみ会、そして25日はクリスマスで31日は大晦日。年度からいくと3月ですが生活としての年の締めくくりはやはり12月ですね。
今年はNPO法人としてのスタートの年でもあり、又移転もありで忙しい年でしたが、「子育て支援」の原点とした園の創立の意味をあらためて考えてみたいとおもいます。
 



●11月のすずらん通信

    10月30日(火)は新琴似の畑へ、ひまわり組Aさん(5才児)と「大根抜き」に行ってきました。
この畑は在園児K君のおじいちゃんのYさんが世話をしています。
毎年秋になると御好意により「大根抜きの体験」をさせてもらっています。
夏の日照りには「水まき」をし、秋の台風の時は「排水」の作業となかなか手がかかるようです。
それにしても、あの小さな種が約2ヵ月でしっかりとした「大根」になるのをみるのは感動です。
小春日和の好天にも恵まれて汗をかきながら1本1本抜き、土を払い、バスに積んで帰ってきました。
留守番の子供達に「おみやげ大根」を渡しながらAさん達は「大根抜きの事」「みみずが出てきた事」を一生懸命話していました。
 



●10月のすずらん通信

    9月30日(日)学童保育所コアラクラブの「秋の自然探索」で藻岩山に行ってきました。
登り二時間、下り一時間は小学生にとって、なかなかに充実したものでした。
登りはじめて5分位から「頂上はまあだ」といっていたTくんでしたが、最後までしっかりと歩きました。
お天気も快晴で、札幌の町並みを見下ろしながらすすき野原の中を降りて来る気分は
最高でした。
「風の音は気持ちいいね」「又、来たいね」「登山は楽しいね」という声を聞きながら、秋の一日を楽しんできました。
 



●9月のすずらん通信

  9月9日(日)運動会当日の朝の天気予報は
『くもり、昼前から雨・・雨の降る確率60%』でした。
途中で雨にあたって子供達が風邪をひいたら大変ですから「室内運動会」となりました。
結果は『曇ったままで雨はなく』
・・なかなか難しいものです。
でも広くて立派な体育館でしたから子供達、父母の皆さんと一体になった楽しい運動会になったので
一安心したところです!
 



●8月のすずらん通信

  お楽しみの運動会が近づいてきました。
 9月9日(日)午前9時30分からです。卒園児の皆さんも応援に来て下さい。待って
います。尚、運動靴について一言。
子供達の足はどんどん大きくなりますから、
買い替えも大変なのですが、『丁度いい靴』を履かせることは運動能力を高めるため
にも大事なことです。『踵に指一本入る位』が目安ですからお子さんの靴をもう一度チェックしてください。
 



●7月のすずらん通信

  楽しい夏がやってきました。昨年までは
主に知事公館の庭の「水あそび」でしたが
今年からは大通公園での「水あそび」も加わります。
短い夏ですから大いに楽しみましょう。
 



●6月のすずらん通信

 

今年は思い出に残る6月になりました。
NPO法人札幌ベビールームがみんなの力を集結して「大通りすずらん保育園」を誕生させた月だからです。
6月18日(月)からは、大通西13丁目のこの場所から、子育て支援のメッセージを出していきます。

 
     
    << TOP
Copyright © 2007 NPO All Rights Reserved.